ロングセラー

穂高

穂高

発売以来、たくさんの方にご愛用いただいている「穂高」シリーズ。37年目に入る2006年には販売数累計が60万脚を超えました。弊社ではもちろん、家具の中でもこれだけ永く販売し続けられているものも珍しいそうです。写真のソファの布地は、発売以来一番人気の「グリーン花柄」です。穂高と共に築いた思い出の数々をたくさんお寄せ頂いた中で、その一部をご紹介したいと思います。また新たな思い出をあなたと築けたらと願いながら、穂高は出番を待っています。

 

穂高物語

穂高をご愛用いただいた方々から寄せられたエピソード(物語)です。多くの方々の”穂高”への愛情を感じ取っていただければ幸いです。

 

ずっと使ってゆきたい家具

N・M様 (兵庫県神戸市)

憧れの家具「穂高」のリビングセットとロッキングチェアを求めてから30年になりました。その間、転勤で5回の引越しもいつも一緒でした。キズ一つつけずに、昨年12月末に故郷神戸に帰ってまいりました。ロッキングチェアはいつも座っていましたので肘置きのところが白くなり貫禄がつきました。2回のクッション替えと3回のバイタフラム替えをしました。リビングセットの方はバイタフラムは3回替えましたが、クッションは買った時のまま使用しておりました。毎日手入れしていましたので、まだまだ使用可能な状態でしたが・・・

続きを読む

わたしの「穂高」物語

O・N様 (熊本県熊本市)

私が初めて「穂高」に出会ったのは、小学4年生の時。生まれ育った平屋の家から二階建ての新しい家に引越しソファも新しく買い換えました。家具屋さんには、私もついていったのを覚えています。何の気なく「穂高」とともに暮らし、いろんな人が座りました。そして何年か経ち、私の結婚する人も座り、彼のご両親も座られました。
いよいよ思い出の・・・

続きを読む

 

同じ時代を過ごした我が家と「穂高」

T・T様 (東京都品川区)

我が家に「穂高」が来たのは昭和52年(1977年)でした。拙宅新築の折、リビングルーム用に適当な家具を探していた時でしたが、当時は私たち夫婦と、育ちざかりの3人の子供たちという構成で家をデザインしたので、子供部屋やダイニングにスペースを取られ、リビングは私の理想より小さくなってしまい、その点からスリムで無駄がなく、しかも貧弱でない製品を探していました。
そんな時に・・・

続きを読む

心とからだをつつみこむ椅子

A・T様 (長野県松本市)

椅子のお里からのお便り大変懐かしくうれしゅうございました。「穂高」、元気です。どこも痛んだところはございません。『暮らしの手帖』で知り、私の70歳の厄おとしに求めた椅子です。思い切って求めてよかったと想います。私のすべてであり宝物です。
悲しい時、疲れた時、ふんわりと抱えこんでくれます。この時だけは・・・

続きを読む

 

「穂高」と共に成長している私

O・K様 (千葉県浦安市)

初めて「穂高」に会ったのは28年前。埼玉県のある造り酒家のお屋敷に遊びに行った時だ。通された洋間に「穂高」のグリーン花柄が揃っていた。お金持ちなんだな、センスもいいなあ。こんな家の人は何でもできるんだろうな、と感動した。
それから数年して、私は千葉のマンションに引越した。狭いけれど、「穂高」のサテンのグリーンを3個と小さなテーブルを揃えた。ステキだった。数は少ないけれど。
それから十数年が経ち・・・

続きを読む

※写真はイメージで、文章をお寄せいただいた方とは関連がありません。

ネットショップ店長から

穂高は発売以来40年余にわたり愛され続けている家具です。思い出をいっぱい持たれたお客様は、何度も修理してご利用になられます。クッションもカンタンに交換出来ますので、永くお使いいただけます。ぜひ穂高と一緒に思い出を刻んでください。

穂高シリーズへ